英語初心者の99%が知らずに撃沈する英会話の罠とは?


ご存知の通り、
日本人の多くは英語を話せません。

他の国と比べても、
その悲しい事実は明らか。

アジアで言えば、
韓国人の多くは英語を話せますし、
中国人の多くも英語を話せる。

台湾人も日本人に比べたら
よっぽど英語が話せます。


なぜ日本人は英語を話せないのか。
いつまで経っても初心者レベルで止まっているのか。

その大きな原因は2つあります。


1つは正しい文法で英語を話さないといけない、
と思い込んでいる人がほとんどだということ。

日本の中学、高校の英語の授業では
英語の文法ばかり教わってきています。

テストでは文法を間違えてしまったら、
減点される始末。

だからこそ、英会話も
正しい文法で話さないといけないと
思っている人が大勢います。


しかし実際の英会話では、
文法を気にする必要は一切ありません。

英会話のために文法を勉強する
必要もありません。

日本語も文法を気にして
話していないですよね?

正しい文法で話していませんよね?

英会話に文法は必要ないのです。



もう1つの原因は多くの方が英会話のために、
英語のフレーズや単語ばかり
覚えようとしていることです。

フレーズや単語をいくら覚えても
英語は話せるようにはなりません。

なぜ話せるようにならないのか。

話には流れがあるからです。



ドライブスルーを例に挙げると、
このような流れで会話をしたりします。


スタッフ
「May I help you?」

あなた
「Can I get a diet coke, please?」

スタッフ
「OK. Is that gonna complete the order?」

あなた
「That'll be it.」


この時、Can I get ○○, please?という
フレーズしかあなたが知らなかった場合、

「Is that gonna complete the order?」

と言われたら、
なんて聞かれているのかわかりませんよね?

答え方もわからない。

フレーズだけ知っていたとしても
会話は難しいのです。


ではどうすれば良いのかと言いますと、
会話の流れごと覚えてしまえば良いのです。

先ほどの例であれば、
そのままスタッフが話す英語と
あなたが話す英語の流れを覚えてしまえば良い。

そうすれば多少聞き取りにくくても
相手の言いたいことが分かりますし、
自分の言いたいこともスムーズに
口から出るようになります。



いかがでしょうか。

正しい文法で英語を話さないといけないと
思い込んでいる。

英語のフレーズや単語ばかり
覚えようとしている。

だからこそ日本人のほとんどは
英語を話すことができないのです。


もしあなたがそういった初心者レベルのままで
良いのであれば、特に何も言うことはありません。

しかしもし、英会話ができるようになりたいと
少しでも思っているのであれば、
こちらをチェックしてみてください。

現時点で、ネイティブの生の会話の流れを
覚えることができる唯一の方法です。


詳しくはこちらをクリック



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。