日常会話程度の英語のスピーキングなら、短期間の勉強で可能


今まであなたが行ってきた、学校や塾や独学での英文法の勉強。
それらは英文を読む上では役立つものの、スピーキングの習得には
なかなか結びつかない事は十分に身に染みていると思います。

ならば、英語のスピーキングを身につけるには、
英会話学校に通うなどしてネイティブに教わるのが良いのか?

まあ、文法のみを学ぶよりは遥かに効果的な学習だと思いますが、
大半のネイティブ講師は、日本人にスピーキングを教えるという意味では
素人同然ですので、ベストな勉強法とは言い難いですね。

文法を学ぶでもなく、ネイティブにただ教わるでもない・・・
ではどのように勉強するのがベストなのか?

これからお伝えするその勉強法を知る事により、
日常会話程度の英語のスピーキングなら、わずか24日もあれば
十分に習得可能となります。

続きを読む

下手な英会話を上手にするには、まず読み書きを学ぶ


英語の読み書きばかり覚えても英会話は上手にならず、本当の英語力は身につきません。

しかし、この場合は後から英会話の勉強に取り組めば済む話。
問題なのは逆のパターンです。

英語の読み書きを学ぶ事をおろそかにし、英会話を先に学ぶとどうなるか。
英語の読み書きすら満足にできない状態では、ネイティブの会話の聞き取り等も
困難になりますので、英会話の上達はかなり遅れます。

英会話を学ぼうとする方の多くは、まず最初にスクールへ通ったり
リスニング教材で勉強しようとしがちですが、上記のような理由により、
それではいつまで経っても英会話が下手なままです。

まずは読む力・書く力をある程度身につける事です。英会話の勉強はそれらと並行、
もしくはその後です。最初にも言いましたとおり、読み書きを鍛えるだけでは
英会話は上手になりませんが、だからといってこれらを軽んじてもいけません。

「よし、じゃあまずは文法や単語の勉強からだ!」

とその前に、英語の勉強をする上で押さえておいていただきたい
ポイントというのがあります。そのポイントとは・・・

詳しくはこちらをクリック

英会話上達のポイントを知ると勉強に大いに役立つ


世界の共通語とまで言われる英語。英会話ができるようになると
仕事でも旅行でも大いに役立つ事は間違いありません。

それゆえ、英語教材・英会話スクール・通信講座の種類や数も非常に膨大。
実は、これが英会話の勉強を始める初心者にとって厄介だったりします。

どの教材を買ったらいいのか、どこの英会話教室がいいのかわからない・・・
とりあえずこれにしよう・・・ぜんぜん身につかない。これは向いてないのか。
じゃあ、次はこの教材で勉強しよう・・・

結果として英会話力が伸びず、何万、何十万もの大金をドブに捨てる羽目に。
現実に、このような苦い経験をしている初心者の方が沢山います。

では、このような結末を事前に回避するにはどうしたらよいのか?
そのためには、英会話を学ぶ上で役立つ大事なポイントを知る事です。
このポイントを知る事によって、膨大な数の教材や講座に惑わされない
確固たる勉強法が確立できます。

→英会話を学ぶ上で役立つ大事なポイントを今すぐ教わる

英語のスピーキング力を上手く鍛える練習


「今年こそは絶対にバイリンガルになって、目標達成するぞ!」

明日からスクール始めるぞ!今日から毎日、
リスニング1時間、ヒアリング1時間やって、
英語のスピーキング力を上げてやるぞ、、、

「ちょっと、待った!?」

もしあなたがそのような英語の練習をしようとしているのであれば、
数か月後に

英語のスピーキング力がなかなか上達していない・・・

と悩むことになります。

何故、リスニング1時間、ヒアリング1時間というような練習が
あまり効果を生まないのか?

最低でも60日間で、しかも1日たった20分間
“あること”に集中するだけで楽しく、カンタンに英語を
マスターすることが年齢・学歴関係なく、可能な方法があります。

あなたにはその秘密の練習方法をお伝えできるのですが・・・


あなたは、This is a book. / I love you.などの文は、
日本語と同じようにほぼ完璧に頭に入っていると思います。

これらのセンテンスより少し長く、get,give,take,on,forなどの
基本動詞、前置詞を含む、80文程度の「超」有用なセンテンスが、
This is a book.と同様に脳にインプットされていれば
英語をマスターできるとしたら、その方法を知りたいと思いませんか?


英語をマスターしてスピーキング力をつける方法を今すぐ確認する!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。