ネイティブも英語を聞き取れない事はあります。日本語のように


口コミでL.A.ナンバーワンになった英会話学習法

■本文はここから

アメリカのマクドナルドの
ドライブスルーで、ネイティブが
注文している動画は、もう見ましたか?

続きを読む

実践的なコミュニケーション英語を身につけるためにすべき学習とは


ネイティブとコミュニケーションが取れるような実践的な英語力を
身につけようと思った時、英会話学校へ通おうと考える人が多いですよね。

まあ、昨今は英会話学校のレベルも上がっていますし、根気強く通えば
英語が身につかない事はありませんが・・・効率的とは言い難いですね。

ネイティブとコミュニケーションが取れる実践的英語力を養うには
直接ネイティブと会話して経験を積む。たしかに理に適っています。

ですが、このような学習方法は、ネイティブの言葉が最低限聞き取れ、
ネイティブと最低限のやり取りができる状態で初めて有効に働きます。
全くの英語初心者であるならば、まずは独学で最低レベルの英語力を
得るのが望ましいでしょう。

さて、その最低レベルの英語力をまず得るには、具体的に
どんな英語学習を独学で行えばよいのか?

それは英語に長けている人の学習法を真似る事です。

話の流れからお分かりだとは思いますが、英語に長けている人というのは
ネイティブの事ではありません。今のあなたと同じゼロの状態から
英語をマスターした人の学習法を真似るのです。↓のように。

詳しくはこちらをクリック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。